UTX各種ツールの活用・開発

UTXを活用できるさまざまなツールがあります。UTXの構造はシンプルであるため、UTXが公式にサポートされていないツールでも、無変換、またはわずかな変換だけで用語情報を簡単にやり取りできます。

変換ツールの一覧

名称種別サポートするUTXのバージョン翻訳ソフト ユーザー辞書との相互変換TBX系用語データのサポート費用
(AAMT公式)UTX変換ツールデスクトップ アプリ1.11なし(対応予定)無料
Glossary Converterデスクトップ アプリ1.11不可TBX-Default無料
TBX-Min: UTX Conversionウェブ1.11不可TBX-Min(TBX-Basicも)無料
utx-convデスクトップ アプリ0.92不可なし無料
convert
_glossary
ウェブ1.00不可TBX-Glossary無料

*TBX系用語データ – TBX-Default、TBX-Basic、TBX-Min (詳細

編集ツールと用語ツール

名称サポートするUTXのバージョン
Microsoft Excel他表計算ソフトどのバージョンでも可(タブ区切りファイルとして)
UTF-8対応のテキスト エディターどのバージョンでも可(タブ区切りファイルとして)
OmegaTどのバージョンでも可(タブ区切りファイルとして)
ApSIC Xbench1.11、さらにタブ区切りファイルとしてどのバージョンでも可

(AAMT公式)UTX変換ツール

UTX変換ツールは、AAMTが開発した、UTX形式と各種の用語形式を相互に変換するツールです。UTX形式の構造が正しいか検証する機能を含みます。SourceForgeでオープン ソースのプロジェクトとして公開されており、ツールは無料で入手できます。今後、機能を拡充する予定です。ボランティアで開発にご協力いただける方は、AAMT UTXサイトからお知らせください。

UTX変換ツール – マニュアルとダウンロード

主な機能

  • UTX形式が正しい形式か検証
  • UTX形式と翻訳ソフト各社(富士通ATLAS、東芝The翻訳、クロスランゲージPC-Transerシリーズ)のユーザー辞書形式との相互変換
  • UTX用語集からの「禁止語→承認語」置換リストの抽出 

追加予定の機能(一例)

  • TBX系列の用語集形式との相互変換
  • 旧形式UPFからのUTXへの変換

変換ツールGlossary Converter

Glossary Converterwww.cerebus.deによる開発)は、Excel、 MultiTerm用語ベース (*.sdltb)、TBX、TMXなど各種の用語形式を相互変換するツールです。使用するにはSDL MultiTermまたはSDL Trados Studioが必要です。バージョン3.0からUTXがサポートされています。たとえば、UTX用語集を数クリックでMultiTerm用語ベースに変換できます。

注:UTX形式は、他の形式に変換する前に一度用語ベース形式に変換する必要があります。

UTX用語集で用語の扱い方(用語ステータス)を指定しておくと、SDL Tradosなどの翻訳支援ツールで用語チェックに活用できます(下図は使用してはいけない用語をチェックする場合。クリックで拡大)。

Microsoft Excel他表計算ソフト

UTXはタブ区切りテキストであるため、Microsoft Excel、Google スプレッドシート、LibreOffice Calc他の表計算ソフトに取り込んで編集できます。Excelの各種機能、たとえば、並べ替え、セル幅の固定、セルへの色付け、フィルター機能、フィルが使えます。UTXとして使用する場合は、タブ区切りテキストで保存します。

TBX-Min: UTX Conversion

TBX-MinウェブサイトではUTXとTBX-Minの相互変換を含むいくつかの変換処理が行えます。ここではTBX-MinとTBX-Basicの相互変換も行えます。TBX系用語形式についての説明はこちら

その他のツール

用語抽出・用語集作成ツール

用語集に一語一語単語登録するのは労力を要します。原文を解析し、翻訳ソフトのユーザー辞書に、一括して辞書登録を行うためのツールが必要となります。一部の翻訳ソフトは、このような用語抽出ツールを含んでいます。UTX形式では、ユーザー辞書に取り込む前に、Excelなどで簡単に編集や修正できます。

変換ツールutx-conv

utx-convは、perlで作成された変換ツールです。UTXと各社の翻訳ソフトの形式を相互に変換します。Francis Bond氏によって開発され、パブリック ドメインです。公開は現在準備中です。開発に関心のある方はご連絡ください

変換ツールconvert_glossary

TBX-Minウェブサイトのほうが新しい可能性があります。)

convert_glossaryは 、”Translation, Training/education, and Testing (TTT)”による、用語形式を相互に変換するツールです。http://www.ttt.org/tbxg/ の説明をご覧ください。このページの下にあるリンクから、オンラインで使用できます。このツールは、TBX-Glossary(*.tbx)、UTX-Simple(*.utx)、GlossML(*.gml)、OLIF(*.olf)の各ファイルを相互に変換できます(TBX-GlossaryはTBX-Minに置き換えられる可能性があります)。出力先は、パスは指定せず、変換先のファイル形式の拡張子を伴うファイル名を指定します。たとえばUTXからTBXに変換する場合は、出力先としてtest.tbxのように指定します。

用語集検索ツール

辞書や用語集を直接検索して参照できるツール。

下記のソフトはUTXを使用することができます(UTXに正式対応しているとはかぎりません)。

  • OmegaTは、UTXを用語集として使用できます。
  • ApSIC Xbenchは、バージョン3.0からUTXをサポートしています。バージョン2.9でも、UTXファイルを用語集として使用できます。この場合、UTXファイルのエンコードをシフトJISかBOM付きUTF-8に変更します。読み込み時に”Tab-delimited Text File”として選択します。