組織

沿革

1991年4月17日に「日本機械翻訳協会」として設立、1992年6月17日事業の拡大をめざして「アジア太平洋機械翻訳協会」と名称変更。

世界組織

国際機械翻訳協会 (International Association for Machine Translation = IAMT)
 ┃
 ┣ アジア太平洋機械翻訳協会 (Asia-Pacific Association for Machine Translation = AAMT)
 ┣ アメリカ機械翻訳協会 (Association for Machine Translation in the Americas = AMTA)
 ┗ ヨーロッパ機械翻訳協会 (European Association for Machine Translation = EAMT)

役員

(2019年6月現在)

理事(16名)

隅田英一郎 (会長)

国立研究開発法人 情報通信研究機構

リンク

安達久博 (副会長)

株式会社サン・フレア

リンク

黒橋禎夫 (副会長)

京都大学

リンク

宇津呂武仁 (副会長)

筑波大学

リンク

内山将夫 (編集委員長)

国立研究開発法人 情報通信研究機構

リンク

石川弘美 (事務局長)

株式会社十印

リンク

小谷克則

関西外国語大学

リンク

小林明

一般財団法人 日本特許情報機構

リンク

園尾聡

東芝デジタルソリューションズ株式会社

リンク

田中英輝

一般財団法人 NHKエンジニアリングシステム

リンク

長瀬友樹

株式会社富士通研究所

リンク

永田昌明

日本電信電話株式会社

リンク

二宮崇

愛媛大学

リンク

森口功造

株式会社川村インターナショナル

リンク

山畑征四郎

株式会社インターグループ

リンク

山本和英

長岡技術科学大学

リンク

監事(2名)

浜口宗武

株式会社知財コーポレーション

リンク

古谷祐一

株式会社ロゼッタ

リンク

AAMT/Japio特許翻訳研究会委員長

辻井潤一

国立研究開発法人 産業技術総合研究所

リンク

会員

(2019年10月現在)

  • 法人会員(46社)機械翻訳システムメーカー・機械翻訳関連産業ソフト・ツール業・機械翻訳システム流通業・機械翻訳研究機関等
  • 個人会員(77名)学者・研究者・技術者・開発者・流通業者・ドキュメント担当者・翻訳技術者・翻訳者等

運営組織

Translate »